タグ: サステナビリティ

ESMAのグリーンウォッシュ排除に向けた動きを雑に捉える

サステナビリティ界隈の人たちは、これで大丈夫なんだろうか、グリーンウォッシュにならないだろうか、という気持ちを感じ、いつも心にしこりを残しながら仕事を進めています。
そんな状況にも関わらず、ESG投資とかサステナブル~~というものは急激に増えており、それは数字にもはっきりと表れています。
そんな状況下に喝をいれるべくグリーンウォッシュの定義を決めちゃうかも、ということで、勉強しておいた方が良さそうな気がしたので、原文資料の読みに行ってザっと抑えておこうと思います。

2021/10/3 ~ 10/9 のサステナビリティ系重要ニュース(私選)

2021年10月3日(日)~10月9日(土)の間に報道されたサステナビリティ系のニュースの内、重要と思われるものを抜粋+私見。
筆者の主観込々なのでご参考まで。
最近1週間サステナ系重要ニュース(~10/9)TCFD 上場企業等の有報に義務化の流れ強まる。
ノーベル物理学賞に真鍋氏。
ENEOSが脱石炭に向けて大規模ディール。

謎に包まれたイースター島(ラパヌイ)の歴史が教えてくれる環境保護失敗の深刻さ【モアイが見つめた文明崩壊】

皆さんはイースター島と聞いて何をイメージしますか?一番有名なのは巨大な石造、モアイだと思います。その次は渋谷にあるモヤイ像だったり、人によっては宮崎のサンメッセ日南にあるモアイのレプリカかもしれません。
しかし、実はイースター島は、環境史、文明史の視点において非常に重要かつ有名な場所です。なぜなら、イースター島は、人間の定住開始からほんの1000年程度で文明の発展から崩壊までを経ている特殊な土地だからです。
現代社会では、サステナビリティの名のもとに環境破壊などを止めるよう呼びかける声が大きくなっています。持続可能な社会とは何か?失敗したら具体的にはどうなるのか?を考えるためにも、地球上最も凄惨な、サステナビリティ・環境保護の失敗例を紹介します。