【フランス】2040年までに石油・ガスの国内完全生産廃止を発表

フランス政府は2050年までに温室効果ガスの削減目標を達成するため、2040年までに国内外の石油・ガス生産を段階的に廃止する予定です。
エマニュエル・マクロン大統領が今回フランス内閣に提出した法案が成立すれば、フランスは化石燃料の生産を全面禁止する世界初の国となります。

石油自動車はもう古い?未来の世界は電気自動車が当たり前

2017年7月25日 日経、BBC各種報道機関を通じ、イギリスでは2040年までに国内でのガソリンを使用する車の販売が禁止される決めたことが明らかになりました。また、その少し前 7月6日には、フランスも同様の内容を発表しています。

【再生可能エネルギー】太陽光発電は金持ちだけのものなのか?

電気代は今の社会においてほぼ必ずと言っていいほど発生するコストです。
自宅でも払うし、会社でも経費として含まれる、税金の一部も回り回って再生可能エネルギーや原発の補助金に当てられます。では、太陽光発電を自宅でやるか、というとほとんどの家庭は初期投資額の高さで断念することでしょう。そんな折に、イギリスでは、政府の補助金を利用して豊かでない家庭にも太陽光発電を広めようというビジネスモデルが始まりました。

【ロールスロイス】海の上でのインターネット+IoT で起きる革命

海ではインターネットが通じません。少し前までは、空の上でもインターネットは通じませんでした。では海でのインターネット状況が変わった場合、一体どんなことが起こりうるのでしょうか。

ロールス・ロイス社が、非常に興味深い活動を行なっています。
テーマは「Ship Intelligence」、海洋における業務を変革するソリューションを提供することを目的としています。

【コスト計算】最安の再生可能エネルギーは風力発電?

米国エネルギー省(DOE)は、風力発電のコスト等を追跡するためのデータをまとめた最新のレポートを発表しました。
それによると、風力発電は今後も最もコストの低い発電技術の一つであり続けるということです。ではそのコスト計算はどういったものなのか。

【コスト削減】石炭よりも安いクリーンエナジー

近年、クリーンエネルギー・再生可能エネルギーはどんどんと価格が下がってきています。
ブルームバーグニュー エナジーファイナンスは、ドイツ、オーストラリア、アメリカ、スペイン、イタリアでは既に、一般的に高額と言われている太陽光発電が従来安価なエネルギーとして信じられていた石炭発電にコストで肩を並べており、2021年までには、超大国である中国とインドでも同様のことが起きるとのことです。

【地球温暖化】温室効果ガスが穀物の収穫量に与える影響

地球温暖化は穀物の収穫量に悪影響があることを示す研究結果が発表されました。研究グループによると、世界の食料需要は2050年には16年の約1.6倍に達すると見込まれています。そのため、主要穀物の収量を継続的に増加させるためには、肥料の管理や収穫量の多い品種の利用などの普及、高温の環境に強い品種や灌がい・排水設備の整備など、より積極的な気候変動適応技術の開発・普及を加速する必要があると述べています。

【中国】世界最大の排出権取引市場に向けた足取り

グリーンニューディール政策を撤廃により、アメリカは持続可能社会の形成において、世界のリーダーではなくなる、と言われており、次のリーダーはどの国になるのか?ということが関心を集めています。
特に温室効果ガスの排出権取引については、次世代リーダーの最有力候補が中国ではないか、と言われています。