海の持続可能性を広げるスタートアップ達

海の持続可能性は長く議論されており、資源の減少やゴミの漂流、二酸化炭素濃度の上昇に水温の上昇と懸念点は山積みです。

それらの環境問題の多くは人間により引き起こされたものであり、人間は海とうまくやっていくための新たな方法を模索する必要があるかもしれません。

そんな中、海と人間がwin-winとなれるようなビジネスモデルが実践に移されてきてます。

一家に一台? 未来の農業 ファームシェルフ

ファームシェルフ(farmshelf)という会社は、家庭やレストランに野菜を生産するための棚を設置することで、農地をあなたの手の届くところに提供するというのを目標の一つにしています。
採れたてで無駄ゼロの野菜が、必要な時に必要な分だけ得られる。
ファームシェルフはそんな状況を実現するための会社とのことです。

【食生活】気候変動で野菜の栄養価は下がる?

プリンストン大学の生態学研究者 イラクリ・ローラッツ氏は生態学の研究の一環として、植物プランクトンの増殖を人工的に加速させ、動物プランクトンを増やす実験を行いました。
というのも、魚などの水生生物にとっての重要な餌の一つが動物プランクトンであり、動物プランクトンにとっては植物プランクトンが餌に当たるから。
しかしその結果は予想に反するものでした。

【家計を賢く】スマートメーターとは?【イギリス・EU】

スマートメーターってご存知ですか?
スマートメーターは家庭の支出を抑えたり、社会の効率を良くするため縁の下の力持ちの役割を果たしています。
イギリス、EU、日本 それぞれどんな使い方をしてるんでしょうか。

IT企業、テクノロジー企業がエコでグリーンな戦略を推し進める理由

IT企業、テクノロジー企業は最近、出来るだけ自然のエネルギーを使ってエコかつ効率的に冷やすことに苦心しています。
IT企業、テクノロジー企業たちのグリーン戦略のその背景はなんでしょうか。

“アップル” 全商品の包装をまかなえるだけの森林取得を発表

洗練されたデザインと最小限のパッケージが特徴の一つであるアップル。
アップルの管理する、32万エーカー(1,295平方キロメートル)の森林が新たにFSC(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)によって認証されました。
これにより、アップルの作る商品はに使われるパッケージの全てを、アップルの所有するもしくは保護する森林から持続的にまかなえるようになった、とのことです。

【地球温暖化】気候変動から社会を救うのは国家?企業?

米国の州、地方のリーダー、およびビジネスリーダーから国際社会へ「トランプ大統領がパリ協定から撤退を表明したとしても、我々は従わない」という意見表明であり、アメリカの地方自治体やビジネスセクターは気候変動、地球温暖化に危機感を抱いており、アクションを起こすつもりであるということを公にしたものです。