Category: Tech (テクノロジー)

【家計を賢く】スマートメーターとは?【イギリス・EU】

スマートメーターってご存知ですか?
スマートメーターは家庭の支出を抑えたり、社会の効率を良くするため縁の下の力持ちの役割を果たしています。
イギリス、EU、日本 それぞれどんな使い方をしてるんでしょうか。

広告

IT企業、テクノロジー企業がエコでグリーンな戦略を推し進める理由

IT企業、テクノロジー企業は最近、出来るだけ自然のエネルギーを使ってエコかつ効率的に冷やすことに苦心しています。
IT企業、テクノロジー企業たちのグリーン戦略のその背景はなんでしょうか。

【イギリス】Uber ロンドンでの配車を全て電気自動車に

アメリカで破壊的イノベーションを起こした企業として真っ先に上がる企業、ライドシェア・配車アプリのUberがイギリスでの運営について新たな発表をしました。
発表の内容は、2020年までにUberXで使用する車を、全て電気自動車もしくはプラグインハイブリッドに制限する、というもの。どういった背景があるのでしょうか?

【環境保護】循環型社会の実現を加速させるナノ粒子とは?

ナノ粒子という物質を聞いたことはありますか?
ナノ粒子とは、サイズが1~100 nm程度の物質全般を呼ぶときの名称であり、現在理化学の世界で研究が進んでいる分野の一つです。
その極端な小ささから、社会を変えるような技術が生まれつつあります。

【蓄電】数千年の実績あり!耐火レンガによるレトロなイノベーション

レンガというものは古くは4000年前、メソポタミア文明の時代から建築物等に使用されているということです。
レンガの中でも、耐火レンガと呼ばれるものは、摂氏1600度もの温度に耐えることができ、かつ蓄熱性能が高いということです。
その性質に着目したマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者たちは、この古代の技術が再生可能エネルギーの業界にイノベーションをもたらせるのではと思い、研究を進めています。

【Google 】研究開発会社 X 地熱エネルギー利用システムを開発

Xの中で地熱エネルギーの有効活用を研究していた一部門が、一つの会社として独立しました。
独立した後の会社名は「ダンデライオン」。アメリカにおける炭素排出の、39%を占める「建物」が利用するエネルギーに、地熱エネルギーを利用することを可能にしたとのこと。

【アイデア】キノコと太陽光発電で農地の有効活用・ソーラーシェアリング

キノコと太陽光発電、という一見奇妙な組み合わせが、日本の農地活用を加速させるアイデアとして新たに走り出しそうです。
農業と発電のコラボレーション、ソーラーシェアリングと呼ばれる考え方です。

【中国】化石燃料を使用した車の新規製造を禁止する見込み

中国国営新華社通信や米ブルームバーグ、日経新聞によると、中国政府がガソリンなどを燃料にする化石燃料車の生産・販売禁止を検討し始めたことが分かったとのこと。
化石燃料を使用した自動車に対する規制は遠く欧州だけの話ではなくなってきました。
日本はこの流れに今からでも追いつけるのか。それとも、世界とは異なった進化を遂げ、新たなガラパゴス市場を形成するのか。

【再生可能エネルギー】太陽光発電は金持ちだけのものなのか?

電気代は今の社会においてほぼ必ずと言っていいほど発生するコストです。
自宅でも払うし、会社でも経費として含まれる、税金の一部も回り回って再生可能エネルギーや原発の補助金に当てられます。では、太陽光発電を自宅でやるか、というとほとんどの家庭は初期投資額の高さで断念することでしょう。そんな折に、イギリスでは、政府の補助金を利用して豊かでない家庭にも太陽光発電を広めようというビジネスモデルが始まりました。

【ロールスロイス】海の上でのインターネット+IoT で起きる革命

海ではインターネットが通じません。少し前までは、空の上でもインターネットは通じませんでした。では海でのインターネット状況が変わった場合、一体どんなことが起こりうるのでしょうか。

ロールス・ロイス社が、非常に興味深い活動を行なっています。
テーマは「Ship Intelligence」、海洋における業務を変革するソリューションを提供することを目的としています。