Category: 雑感

2021/10/3 ~ 10/9 のサステナビリティ系重要ニュース(私選)

2021年10月3日(日)~10月9日(土)の間に報道されたサステナビリティ系のニュースの内、重要と思われるものを抜粋+私見。
筆者の主観込々なのでご参考まで。
最近1週間サステナ系重要ニュース(~10/9)TCFD 上場企業等の有報に義務化の流れ強まる。
ノーベル物理学賞に真鍋氏。
ENEOSが脱石炭に向けて大規模ディール。

ESG投資で株価が上がるのはどんな会社か? ‐ESG投資信託 未来の世界(ESG)を見てみよう

ESG投資の広がりに合わせて、ESGや脱炭素をテーマとする投資信託もチラホラみられるようになりました。その中でも、”グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界(ESG))という投信が「純資産総額ランキング」でも投信全体の2位に入り、まとまった金額を集めているようです。
実際にESGをテーマに入れ、かつそれなりに指示を集めている投資信託を見て、どんな特徴があるのか?などを確認してみましょう。

熱海の土石流事故と線状降水帯、気候変動を考える

2021年7月3日に静岡県熱海市で土砂崩れが発生し、120棟余りの住宅が被害を受け、複数の死傷者が出る事故につながりました。今回は、この事故をめぐって交わされている様々な議論の記録と、その背景にある点についての改めての注意喚起をしておきます。

【地球温暖化】気候変動から社会を救うのは国家?企業?

米国の州、地方のリーダー、およびビジネスリーダーから国際社会へ「トランプ大統領がパリ協定から撤退を表明したとしても、我々は従わない」という意見表明であり、アメリカの地方自治体やビジネスセクターは気候変動、地球温暖化に危機感を抱いており、アクションを起こすつもりであるということを公にしたものです。

ローマ教皇と気候変動

先日、最強レベルのハリケーンの一つ、ハリケーン イルマがアメリカを襲おうとしていた時、
ローマ教皇フランシスが南米 コロンビアを訪れていました。
ローマ教皇フランシスは、気候変動に対する啓蒙活動を行なっており、今回 南米からローマに戻る際に、飛行機の中にジャーナリストを迎え入れてメッセージを送りました。