アイデア

【パンダと蝶】再生可能エネルギーとアートの融合

太陽光発電と景観の問題   最近では、太陽光発電は […]

広告

【蓄電】数千年の実績あり!耐火レンガによるレトロなイノベーション

レンガというものは古くは4000年前、メソポタミア文明の時代から建築物等に使用されているということです。
レンガの中でも、耐火レンガと呼ばれるものは、摂氏1600度もの温度に耐えることができ、かつ蓄熱性能が高いということです。
その性質に着目したマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者たちは、この古代の技術が再生可能エネルギーの業界にイノベーションをもたらせるのではと思い、研究を進めています。

【ポルトガル】エネルギー問題と水問題を解決するハイブリッド再生可能エネルギー

ポルトガル北部のAlto Rabagãoダムは、太陽光発電用のパネルを浮かべ、世界初の太陽光発電と水力発電のハイブリッド発電所となりました。この技術はポルトガル最大の企業の一つであるポルトガル電力公社から期待されており、ゆくゆくは大規模な展開の可能性も。

複数の再生可能エネルギーを組み合わせた発電方法は、数々の再生可能エネルギーの効率を向上させるための鍵になるかもしれません。