Category: 政治・規制

【中国】世界最大の排出権取引市場に向けた足取り

グリーンニューディール政策を撤廃により、アメリカは持続可能社会の形成において、世界のリーダーではなくなる、と言われており、次のリーダーはどの国になるのか?ということが関心を集めています。
特に温室効果ガスの排出権取引については、次世代リーダーの最有力候補が中国ではないか、と言われています。

広告

【シンガポール】未来を見据えたエナジーグリッド計画を発表

シンガポール政府は、
より効率的で、サステナブルでタフな電力網計画「Grid 2.0 」を発表しました。
スマートでサステナブルな社会を作るためのインフラの再構築、成功が期待されます。

【アメリカ】オバマ政権時代の環境保護規制の経済的価値

コロンビア大学のサビンセンター所属の二人は、オバマ政権時代に制定された温室効果ガス規制は、2030年までに年間3,000億ドル(30兆円)もの財政的な価値と、数値化できない無数のメリットを生むはずだったと発表しました。
発表者の一人であるジェシカ氏は、今回の発表を受けて、連邦政府による規制をもっと一般の人々にも身近に感じて欲しいということ。

世界最大のマクドナルドのフランチャイズチェーンがサステナブルな材料・資材の使用を発表

世界最大のマクドナルドのフランチャイズチェーンの運営会社であるアルコス・ドラドス・ホールディングスがサステナブルなサプライチェーンを構築することを発表しました。
サステナビリティを考えた時に、ビジネスパートナーの管理も大企業にとっては大事な役割の一つです。