Category: Governance (ガバナンス)

【中国】化石燃料を使用した車の新規製造を禁止する見込み

中国国営新華社通信や米ブルームバーグ、日経新聞によると、中国政府がガソリンなどを燃料にする化石燃料車の生産・販売禁止を検討し始めたことが分かったとのこと。
化石燃料を使用した自動車に対する規制は遠く欧州だけの話ではなくなってきました。
日本はこの流れに今からでも追いつけるのか。それとも、世界とは異なった進化を遂げ、新たなガラパゴス市場を形成するのか。

広告

【フランス】2040年までに石油・ガスの国内完全生産廃止を発表

フランス政府は2050年までに温室効果ガスの削減目標を達成するため、2040年までに国内外の石油・ガス生産を段階的に廃止する予定です。
エマニュエル・マクロン大統領が今回フランス内閣に提出した法案が成立すれば、フランスは化石燃料の生産を全面禁止する世界初の国となります。

石油自動車はもう古い?未来の世界は電気自動車が当たり前

2017年7月25日 日経、BBC各種報道機関を通じ、イギリスでは2040年までに国内でのガソリンを使用する車の販売が禁止される決めたことが明らかになりました。また、その少し前 7月6日には、フランスも同様の内容を発表しています。

【中国】世界最大の排出権取引市場に向けた足取り

グリーンニューディール政策を撤廃により、アメリカは持続可能社会の形成において、世界のリーダーではなくなる、と言われており、次のリーダーはどの国になるのか?ということが関心を集めています。
特に温室効果ガスの排出権取引については、次世代リーダーの最有力候補が中国ではないか、と言われています。

【アメリカ】オバマ政権時代の環境保護規制の経済的価値

コロンビア大学のサビンセンター所属の二人は、オバマ政権時代に制定された温室効果ガス規制は、2030年までに年間3,000億ドル(30兆円)もの財政的な価値と、数値化できない無数のメリットを生むはずだったと発表しました。
発表者の一人であるジェシカ氏は、今回の発表を受けて、連邦政府による規制をもっと一般の人々にも身近に感じて欲しいということ。

世界最大のマクドナルドのフランチャイズチェーンがサステナブルな材料・資材の使用を発表

世界最大のマクドナルドのフランチャイズチェーンの運営会社であるアルコス・ドラドス・ホールディングスがサステナブルなサプライチェーンを構築することを発表しました。
サステナビリティを考えた時に、ビジネスパートナーの管理も大企業にとっては大事な役割の一つです。