Category: コーポレートガバナンス

経済成長と低炭素社会は同時に実現できるのか?

社長や役員が低炭素型のビジネスモデルを目指すぞ!となった場合に、その具体的な計画を考えたり、実行に移したりするのは現場の社員たち。頭を悩ませた彼らの頭に浮かぶ一つの二律背反。経済成長と低炭素社会は本当に同時に実現できるの?という疑問です。結論から言ってしまうと、経済成長と低炭素社会の両立は可能です。

広告

“アップル” 全商品の包装をまかなえるだけの森林取得を発表

洗練されたデザインと最小限のパッケージが特徴の一つであるアップル。
アップルの管理する、32万エーカー(1,295平方キロメートル)の森林が新たにFSC(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)によって認証されました。
これにより、アップルの作る商品はに使われるパッケージの全てを、アップルの所有するもしくは保護する森林から持続的にまかなえるようになった、とのことです。

【地球温暖化】気候変動から社会を救うのは国家?企業?

米国の州、地方のリーダー、およびビジネスリーダーから国際社会へ「トランプ大統領がパリ協定から撤退を表明したとしても、我々は従わない」という意見表明であり、アメリカの地方自治体やビジネスセクターは気候変動、地球温暖化に危機感を抱いており、アクションを起こすつもりであるということを公にしたものです。

【イギリス】Uber ロンドンでの配車を全て電気自動車に

アメリカで破壊的イノベーションを起こした企業として真っ先に上がる企業、ライドシェア・配車アプリのUberがイギリスでの運営について新たな発表をしました。
発表の内容は、2020年までにUberXで使用する車を、全て電気自動車もしくはプラグインハイブリッドに制限する、というもの。どういった背景があるのでしょうか?

世界最大のマクドナルドのフランチャイズチェーンがサステナブルな材料・資材の使用を発表

世界最大のマクドナルドのフランチャイズチェーンの運営会社であるアルコス・ドラドス・ホールディングスがサステナブルなサプライチェーンを構築することを発表しました。
サステナビリティを考えた時に、ビジネスパートナーの管理も大企業にとっては大事な役割の一つです。