Category: Environment (環境)

【環境保護】循環型社会の実現を加速させるナノ粒子とは?

ナノ粒子という物質を聞いたことはありますか?
ナノ粒子とは、サイズが1~100 nm程度の物質全般を呼ぶときの名称であり、現在理化学の世界で研究が進んでいる分野の一つです。
その極端な小ささから、社会を変えるような技術が生まれつつあります。

広告

【Google 】研究開発会社 X 地熱エネルギー利用システムを開発

Xの中で地熱エネルギーの有効活用を研究していた一部門が、一つの会社として独立しました。
独立した後の会社名は「ダンデライオン」。アメリカにおける炭素排出の、39%を占める「建物」が利用するエネルギーに、地熱エネルギーを利用することを可能にしたとのこと。

【アイデア】キノコと太陽光発電で農地の有効活用・ソーラーシェアリング

キノコと太陽光発電、という一見奇妙な組み合わせが、日本の農地活用を加速させるアイデアとして新たに走り出しそうです。
農業と発電のコラボレーション、ソーラーシェアリングと呼ばれる考え方です。

東京新国立競技場(オリンピックスタジアム) 木材の調達で調達公約違反の疑い

ロイター通信、ブルームバーグなどにより、新国立競技場の建材として使用されている木材の調達ルートに公約違反があるのでは、という疑いが取り上げられました。
新国立競技場は、2020年に東京で開催されるオリンピックに向けて現在建設中です。

【フランス】2040年までに石油・ガスの国内完全生産廃止を発表

フランス政府は2050年までに温室効果ガスの削減目標を達成するため、2040年までに国内外の石油・ガス生産を段階的に廃止する予定です。
エマニュエル・マクロン大統領が今回フランス内閣に提出した法案が成立すれば、フランスは化石燃料の生産を全面禁止する世界初の国となります。

【地球温暖化】温室効果ガスが穀物の収穫量に与える影響

地球温暖化は穀物の収穫量に悪影響があることを示す研究結果が発表されました。研究グループによると、世界の食料需要は2050年には16年の約1.6倍に達すると見込まれています。そのため、主要穀物の収量を継続的に増加させるためには、肥料の管理や収穫量の多い品種の利用などの普及、高温の環境に強い品種や灌がい・排水設備の整備など、より積極的な気候変動適応技術の開発・普及を加速する必要があると述べています。