Category:

海の持続可能性を広げるスタートアップ達

海の持続可能性は長く議論されており、資源の減少やゴミの漂流、二酸化炭素濃度の上昇に水温の上昇と懸念点は山積みです。

それらの環境問題の多くは人間により引き起こされたものであり、人間は海とうまくやっていくための新たな方法を模索する必要があるかもしれません。

そんな中、海と人間がwin-winとなれるようなビジネスモデルが実践に移されてきてます。

【環境保護】循環型社会の実現を加速させるナノ粒子とは?

ナノ粒子という物質を聞いたことはありますか?
ナノ粒子とは、サイズが1~100 nm程度の物質全般を呼ぶときの名称であり、現在理化学の世界で研究が進んでいる分野の一つです。
その極端な小ささから、社会を変えるような技術が生まれつつあります。

【イギリス】フィッシュ&チップスの持続可能性

過去に壊滅的な状況にまで追い詰められた北海のタラの資源量は近年回復しており、一部のグループがMSC認証を取得したということです。北海のマダラも、持続可能な漁業が広がる可能性が見えました。
持続可能な形で漁業を行い、生態系との共存を続けていきたいものです。

【イギリス スコットランド】世界初、本格的な浮遊型洋上風力発電施設を設置開始

イギリスのBBCニュースによると、世界初の本格的な浮遊型洋上風力発電施設の設置が、スコットランド北東の沖で開始されたということです。
今回設置が始まった風車の羽一枚のサイズ75m。