Category: 農業

海の持続可能性を広げるスタートアップ達

海の持続可能性は長く議論されており、資源の減少やゴミの漂流、二酸化炭素濃度の上昇に水温の上昇と懸念点は山積みです。

それらの環境問題の多くは人間により引き起こされたものであり、人間は海とうまくやっていくための新たな方法を模索する必要があるかもしれません。

そんな中、海と人間がwin-winとなれるようなビジネスモデルが実践に移されてきてます。

一家に一台? 未来の農業 ファームシェルフ

ファームシェルフ(farmshelf)という会社は、家庭やレストランに野菜を生産するための棚を設置することで、農地をあなたの手の届くところに提供するというのを目標の一つにしています。
採れたてで無駄ゼロの野菜が、必要な時に必要な分だけ得られる。
ファームシェルフはそんな状況を実現するための会社とのことです。

【食生活】気候変動で野菜の栄養価は下がる?

プリンストン大学の生態学研究者 イラクリ・ローラッツ氏は生態学の研究の一環として、植物プランクトンの増殖を人工的に加速させ、動物プランクトンを増やす実験を行いました。
というのも、魚などの水生生物にとっての重要な餌の一つが動物プランクトンであり、動物プランクトンにとっては植物プランクトンが餌に当たるから。
しかしその結果は予想に反するものでした。

【環境保護】循環型社会の実現を加速させるナノ粒子とは?

ナノ粒子という物質を聞いたことはありますか?
ナノ粒子とは、サイズが1~100 nm程度の物質全般を呼ぶときの名称であり、現在理化学の世界で研究が進んでいる分野の一つです。
その極端な小ささから、社会を変えるような技術が生まれつつあります。

【アイデア】キノコと太陽光発電で農地の有効活用・ソーラーシェアリング

キノコと太陽光発電、という一見奇妙な組み合わせが、日本の農地活用を加速させるアイデアとして新たに走り出しそうです。
農業と発電のコラボレーション、ソーラーシェアリングと呼ばれる考え方です。

【地球温暖化】温室効果ガスが穀物の収穫量に与える影響

地球温暖化は穀物の収穫量に悪影響があることを示す研究結果が発表されました。研究グループによると、世界の食料需要は2050年には16年の約1.6倍に達すると見込まれています。そのため、主要穀物の収量を継続的に増加させるためには、肥料の管理や収穫量の多い品種の利用などの普及、高温の環境に強い品種や灌がい・排水設備の整備など、より積極的な気候変動適応技術の開発・普及を加速する必要があると述べています。