Category: Business (ビジネス)

【再生可能エネルギー】太陽光発電は金持ちだけのものなのか?

電気代は今の社会においてほぼ必ずと言っていいほど発生するコストです。
自宅でも払うし、会社でも経費として含まれる、税金の一部も回り回って再生可能エネルギーや原発の補助金に当てられます。では、太陽光発電を自宅でやるか、というとほとんどの家庭は初期投資額の高さで断念することでしょう。そんな折に、イギリスでは、政府の補助金を利用して豊かでない家庭にも太陽光発電を広めようというビジネスモデルが始まりました。

広告

【ロールスロイス】海の上でのインターネット+IoT で起きる革命

海ではインターネットが通じません。少し前までは、空の上でもインターネットは通じませんでした。では海でのインターネット状況が変わった場合、一体どんなことが起こりうるのでしょうか。

ロールス・ロイス社が、非常に興味深い活動を行なっています。
テーマは「Ship Intelligence」、海洋における業務を変革するソリューションを提供することを目的としています。

【コスト計算】最安の再生可能エネルギーは風力発電?

米国エネルギー省(DOE)は、風力発電のコスト等を追跡するためのデータをまとめた最新のレポートを発表しました。
それによると、風力発電は今後も最もコストの低い発電技術の一つであり続けるということです。ではそのコスト計算はどういったものなのか。

【コスト削減】石炭よりも安いクリーンエナジー

近年、クリーンエネルギー・再生可能エネルギーはどんどんと価格が下がってきています。
ブルームバーグニュー エナジーファイナンスは、ドイツ、オーストラリア、アメリカ、スペイン、イタリアでは既に、一般的に高額と言われている太陽光発電が従来安価なエネルギーとして信じられていた石炭発電にコストで肩を並べており、2021年までには、超大国である中国とインドでも同様のことが起きるとのことです。

【中国】世界最大の排出権取引市場に向けた足取り

グリーンニューディール政策を撤廃により、アメリカは持続可能社会の形成において、世界のリーダーではなくなる、と言われており、次のリーダーはどの国になるのか?ということが関心を集めています。
特に温室効果ガスの排出権取引については、次世代リーダーの最有力候補が中国ではないか、と言われています。

【シンガポール】未来を見据えたエナジーグリッド計画を発表

シンガポール政府は、
より効率的で、サステナブルでタフな電力網計画「Grid 2.0 」を発表しました。
スマートでサステナブルな社会を作るためのインフラの再構築、成功が期待されます。

【シーメンス】どんどん巨大になる風力発電 風車の最大サイズは? 

風力発電において、強くて安定した風で発電しようと考えると、行き着く答えの一つは 「巨大化」。
ドイツに本社をおく多国籍企業 シーメンス社は、その答えを実現化する、超巨大な風力発電設備を製造しています。その超規格外のスケールがこちら。

【ポルトガル】エネルギー問題と水問題を解決するハイブリッド再生可能エネルギー

ポルトガル北部のAlto Rabagãoダムは、太陽光発電用のパネルを浮かべ、世界初の太陽光発電と水力発電のハイブリッド発電所となりました。この技術はポルトガル最大の企業の一つであるポルトガル電力公社から期待されており、ゆくゆくは大規模な展開の可能性も。

複数の再生可能エネルギーを組み合わせた発電方法は、数々の再生可能エネルギーの効率を向上させるための鍵になるかもしれません。

【効率2倍・コスト半分】風力発電業界の破壊的イノベーション Saphon

風力発電にまつわる問題点の多くを解決出来る、というシステムが チュニジアのSaphonという会社によってデザインされています。
Saphonは風力発電の世界に革命をもたらすのか、それによって再生可能エネルギー事情も根本から変えられるのか。