CSR

サステナブルなテクノロジー会社とそうじゃない会社

イノベーションを起こすITカンパニー、テクノロジーカンパニー […]

広告

“アップル” 全商品の包装をまかなえるだけの森林取得を発表

洗練されたデザインと最小限のパッケージが特徴の一つであるアップル。
アップルの管理する、32万エーカー(1,295平方キロメートル)の森林が新たにFSC(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)によって認証されました。
これにより、アップルの作る商品はに使われるパッケージの全てを、アップルの所有するもしくは保護する森林から持続的にまかなえるようになった、とのことです。

【コーヒー】セブンイレブンのミレニアル世代に向けた戦略

セブンイレブンが、自社販売で使用するコーヒー豆のうち、1/3から半分程度を、持続可能な農業方法が認証された仕入元に変更すると発表。
ミレニアル世代とジェネレーションZ (両方を合わせて概ね1977-2012年の間に生まれた世代)は環境問題をとても重要視しているという、調査結果を受けての戦略とのこと。