Category: 排出権取引

炭素税、政府の税収の使い道は?【事例集】

炭素税というのは、一言で言うならば、「温室効果ガス排出量に応じた課税」の制度であり、温室効果ガスの排出抑制などを促進するための仕組みです。「環境税」の一種であり、「森林環境税」。ただ、一般的には課税の計算する時の単位は「炭素の含有量」であり、厳密には温室効果ガス排出量に応じたものにはならないとも言えます。

【中国】世界最大の排出権取引市場に向けた足取り

グリーンニューディール政策を撤廃により、アメリカは持続可能社会の形成において、世界のリーダーではなくなる、と言われており、次のリーダーはどの国になるのか?ということが関心を集めています。
特に温室効果ガスの排出権取引については、次世代リーダーの最有力候補が中国ではないか、と言われています。