【アイデア】キノコと太陽光発電で農地の有効活用・ソーラーシェアリング

放棄地

キノコと太陽光発電

キノコと太陽光発電、という一見奇妙な組み合わせが、日本の農地活用を加速させるアイデアとして新たに走り出しそうです。
農業と発電のコラボレーション、ソーラーシェアリングと呼ばれる考え方です。
今回、再生可能エネルギー関連スタートアップのSustainergy(サステナジー)、投資会社 日立キャピタル、及び大手住宅総合メーカーの大和ハウス工業のタッグにより、そのアイデアが実行に移されるということです。

シンプルに言ってしまうと、
太陽光発電は光を吸収して電力に変える
 →太陽光発電施設を設置すると、設置された地面には光が不足してジメジメする
 →キノコはジメジメしたところの方が育つ
 →では、太陽光発電施設の下でキノコを育てればいいじゃないか!
という流れになります。
理論としてはシンプルかつ面白いものですが、実現に至るまでは色々と課題があったようです。

実現までの課題

まず一般的に、農耕用地は規制が厳しく用途が限られます。
これについては、2013年、農業を行いつつであれば、農耕用地で太陽光発電を行っても良い、といった形で、規制が緩和されました。
次に設備の設置。
太陽光発電を行いながら、その下で農業をやろうとすると、自然と太陽光パネルは高い位置に設置されることになります。
強度が足りなければそもそも事業を行うのは危険ですし、それらをしっかり支えようと入り組んだ足場を組んでしまうと、農業をやるスペースはなくなります。
そのため、設備の組み立てに関しては省スペースで丈夫な足場を作れる技術が必要であり、
その点で大和ハウス工業がノウハウを提供しているようです。
太陽光発電ができ、電気を販売できれば、事業として成り立ちます。
一方で、農業としての側面も強化するため、このプロジェクトは、キクラゲを選んだということです。
mushroom-1948083_1920
他社の事例としては、鉄骨製品の製造・設計・施工を行う株式会社三喜工務店が、しいたけ菌の研究・開発・販売を行う株式会社富士種菌様とコラボレーションして、シイタケと太陽光発電のソーラーシェアリングを実施しています。
また、三喜工務店は、サトイモの栽培にもチャレンジ中、ということです。
里芋.jpg
出典:三喜工務店
キノコのように、日陰や多湿の条件を好む作物であれば、ソーラーシェアリング応用の可能性はあります。
発電しながら、食べ物を作りながら、地域の経済も活性化できる、日本を元気付けてくれるアイデアかもしれません。


事例解説 農地の相続、農業の承継―農地・耕作放棄地の権利変動と農家の法人化の実務―


農地制度改革―担い手育成、耕作放棄地減少は可能か (日本農業の動き)

LinkedIn にシェア
Pocket

広告

tansighboy

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。