【地球温暖化】北極航路での単独通航初成功

フランスに本拠地を置く多国籍石油会社であるトタルは、LNG運搬のための砕氷タンカーが、欧州から北極海を経由でアジアへ行くルートでの単独航行を成功させたと発表しました。

誰もが知るように、地球は丸いです。

非常に噛み砕いて話すと、地球の裏側へものを運びたいなら、色々な大陸を避けながら移動するより、北極を突っ切ってしまえば効率がいいじゃないか、と言うのが北極航路です。

北極航路
北極海航路が結ぶ日露関係の未来 より

北極航路の経済効果

 

欧州からアジアへの輸送であれば、従来は写真の通り、スエズ運河などを通り、長い時間をかけて移動します。

効率改善のために整備された運河には利用料が発生し、その運河の利用料も実は運賃に含まれています。

地球温暖化によって北極の氷はどんどんと溶けています。

氷が溶けるというのは、文字通り溶けきってしまいただの海面になる、ということと、残存する氷塊や流氷が小さく、薄くなり砕きやすくなることを意味します。

砕氷船という船は、その氷を船頭や船尾でバキバキと砕きながら進んでいく船です。

場合によっては砕いたそばからまた凍ってしまい、全く身動きが取れなくなってしまうなどのリスクがあります。

そのため従来であれば、タンカーが航行する際には別の砕氷船が同行します。

icebreaker-138924_1920

しかし、氷が薄くなればそういったリスクが低くなります。

そしてついに今回、砕氷のできるタンカーが単独で航行を成功させたということです。

単独のため航行コストは大幅に安くなります。

そして北極を通らない従来の方法に比べ、航行日数が短くなるのでさらにコストが下がります。

今回は、従来のルートの半分程度航行日数で成功したとのことです。

 

北極航路はこれまでの物流ルートに革命を起こしうるものです。

しかし一方で、どこの国にも所属しない海を通るこのルートは、今後覇権争いが繰り広げられるとも言われています。

大きな争いに発展しないことを祈ります。

砕氷LNG船、北極海航路の単独航行に初成功 15日でアジア到達


北からの世界史: 柔らかい黄金と北極海航路

北極海航路―東アジアとヨーロッパを結ぶ最短の海の道

LinkedIn にシェア
Pocket

広告

tansighboy

シェアする

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。