【シーメンス】どんどん巨大になる風力発電 風車の最大サイズは? 

従来の風力発電

従来の風力発電は、風車型の機械が風を受け、グルグルと回ることで電力を発電します。

そして、一般的に地上から離れるほど風は強くなり、かつ安定します。

そして言うまでもなく、発電量は受け取る風の量に比例します。

強くて安定した風を利用して発電しようと考えると、行き着く答えの一つは 「巨大化」

(参考:【技術】風力発電の羽は大きいほど効率がいい?

ドイツに本社をおく多国籍企業のシーメンス社は、その答えを実現化する、超巨大な風力発電設備を製造しています。

windenergy turbine

©︎シーメンス

超規格外!!

その超規格外のスケールは

・羽の長さ 75m

・先端部分の最高速度 秒速80m もしくは 時速290m

・秒速10mの風を受けた場合に受けるエネルギー 200t

・羽を付けた状態のローターの面積 18,600平方メートル(サッカー場 2.5個分)

wind turbine blade

©︎シーメンス

巨大な風力発電施設の製造を可能にしているのは、軽量かつ強固な素材です。

使われているのはガラス繊維強化エポキシ樹脂。

さらに強度を高めるため、この羽は樹脂を一回で型取って製造しています。

継ぎ目や接合面がないため、この巨大な構造を支え、膨大なエネルギーにも耐えられるようになりました。

製造途中

©︎シーメンス

 

デカすぎるゆえの懸念点…

 

しかし、この巨大風車、問題点もあります。

あまりにも大きくて輸送が大変ということです。

接合面もないので、どんなにコンパクトにしても75mはあります。

そのため写真の通り、まっすぐに伸びた道でしか運転できません。

流通過程

©︎シーメンス

山や曲がり道の多い日本では難しいかもしれません。

それらの問題解決のためには、風力発電所のすぐ近くに工場も併設する必要が出てきそうです。

参考:Impressive beast! World’s longest wind turbine rotor blade measures 246 feet!


卓上 ソーラー風車 クリーンエネルギー 実験 学習


タミヤ エレクラフトシリーズ No.21 ループウィング 風力発電工作セット

LinkedIn にシェア
Pocket

広告

tansighboy

2件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。