GE 洋上風力発電機の世界最大記録更新 HALIADE-X

GE 洋上風力発電機の世界最大記録更新 HALIADE-X


エジソンにより設立され、世界中の重工業メーカーのトップに居座り続けるゼネラル・エレクトリック(通称:GE)。

彼らは非常に幅広い事業を営なみ、保険や金融から、飛行機の製造、電気の販売までカバーしています。そして、こういった事業体は、複合企業(コングロマリット)と呼ばれます。

最近では、電力事業の不振や、保険事業での損失処理などにより、経営不振が噂されていますが、それでも世界一の座はまだゆるぎません。

参考:米GE赤字1兆円超、電力事業が不振 10―12月期

 

そんなGEですが、事業としても堅調な再生可能エネルギー領域で、新たな世界一の記録を打ち立てました。

 

洋上風力発電の世界最大記録更新


今回発表されたのは、HALIADE-X (ハリエデ エックス)という洋上風力発電機器。

 

そのサイズ感の巨大さは息を飲むものです。

高さ: 260m
ブレードの長さ(一枚あたり): 107m
ローター部直径: 220m
一機あたりの発電量(年間): 67 Gwh
一機で電力をまかなえる家庭数(年間): 16,000 世帯(ヨーロッパの一般的な家庭で計算)
ブレードのカバーする面積:380,000 m2

haliade-x ge

HALIEADE-X の性能まとめ GE公式HPより

 

HALIADE-X は、これまでに発表されている洋上風力発電の最先端機器と比べても、年間で見たら45%も多く発電できると説明されています。

また、設備利用率(キャパシティファクター)という、発電などの設備がどれだけ有効に利用できているかという指標が63%に達しており、業界標準から5〜7%高いということです。

参考:Power Academy

その高さは東京タワーと並べても遜色なく、
ブレードが回転する部分の面積は東京ドーム8個分以上に相当するというから驚きです。

HALIADE-X size

HALIADE-X サイズ比較

 

そんな大きなものがいくつも並んで海の上に浮かんでいるとなると、それを見に行くツアーなんかも催されるかもしれませんね。

 

関連記事:【シーメンス】どんどん巨大になる風力発電 風車の最大サイズは?

【技術】風力発電の羽は大きいほど効率がいい?

 

 

 

洋上風力発電の未来


 

GEの公式HPによると、洋上風力発電の市場規模は、現在の14GWから、2030年までには 100GW以上にまで成長すると見込んでいるとのことです。

そして、GEはこのHALIADE-Xの開発と導入のために、今後3〜5年間で4億ドル(400億円以上)の投資を行うことを計画しています。

その投資金額の中には、フランスの サン=ナゼール という港町にあるGEの再生可能エネルギー部門の工場、GE Renewable Energy への投資 5,700万ドル(約60億円)も含まれています。

HALIADE-Xのローター部分の組み立てをサン=ナゼールで行えるようにするための投資ということであり、洋上風力発電の心臓部分はフランスで作られることになります。

 

temple-haliade-turbine-1200x350

サン=ナゼールのタービン工場

 

Saint-Nazaire GE

サン=ナゼールの位置

 

一方で、ブレード部分の製造は同じくフランスのシェルブールという港町で行われる予定です。
シェルブールの工場への投資は、9,300万ドル(約100億円)とのこと。

 

シェルブール

シェルブールの位置

 

また、風力発電の大きな問題点として、ブレード部分が大きすぎて運ぶのが大変ということがあります。
HALIADE-Xであれば100m以上にもなる真っ直ぐのブレードは車で運ぼうにも難しく、海から船で運ぼうにも港まで運ぶだけで大問題。

その点でも、仮に今後風力発電設備がさらに巨大化したとしても、シェルブールなら港町という立地を活かして、効率的に行えることが見込まれます。

 

GEは、世界シェア1位か2位以外の事業からは撤退するというナンバーワン・ナンバーツー戦略(ウィニング 勝利の経営でも有名です。

 

経営も若干苦しいという現状と、さらに世界シェア1位か2位以外には目もくれないという従来の戦略、そして今回のHALIADE-X という多額の投資が必要になるプロジェクトの発表。

これらを考慮すると、GEも再生可能エネルギーの領域はまだまだ伸び代があると考えており、かつ世界トップの座を譲る気は毛頭無い、というメッセージが伺えます。

 

ドイツ発のシーメンスとアメリカ発のGE、 欧米系の重工業メーカーが世界シェアを奪い合う風力発電業界、これからも切磋琢磨を続けながら進化していく可能性が高そうです。

 

HALIADE-X OFFSHORE WIND TURBINE PLATFORM

 

 

 

LinkedIn にシェア
Pocket

広告

コメントを残す