カナダの環境開発方針の変更と国家戦略の関係

 

カナダ与党の公約と環境政策


カナダ政府が推し進める、環境開発プロジェクトが環境に与える影響を評価する方法を見直すという計画の中で、科学者、業界関係者、環境保護活動家の間で混乱が起きています。

カナダの自由党を率いるジャスティン・トルドー首相は選挙公約として、スティーブン・ハーパー前首相率いる保守党政権が過去に変更したカナダの環境政策を見直すと掲げており、発表された計画はこの公約の実現に向けたものです。

批評家は、ハーパー前首相がダム、鉱山、パイプライン等々、本来第三者による見直すを受けるであろうプロジェクトの数を劇的に減らし、科学的証拠の効果を弱めたと批判していました。

つまり、ハーパー前首相の行った変更により、鉱山などの開発時に、どういった影響が環境に与えられるかを、科学的に確認するプロセスが減り、規制が緩和されてしまったことを意味します。

 

トルドー首相は「信用を取り戻す」こと、そして「主要な開発プロジェクトの決定は科学、事実、証拠に基づいていることを保証する」と約束しました。

 

この目標を実現するため、トルドー政府は、提案された開発プロジェクトの環境面のレビューを監督するための新しい政府機関を設立し、評価を実施するための新しいタイムテーブルとルールを設定するインパクトアセスメント法を発表しました。

canada environment

カナダの景観

とりわけ議会の承認を受けなければならない提案には、カナダの先住民族との協議の増加、社会的・経済的・気候的影響を含むレビュー範囲の拡大、規制当局が評価する際に使用する情報の説明により力を注ぐこと、などが含まれます。 この法案は、プロジェクトレビューのタイムラインを短縮し、完全なレビューを受けなければならないプロジェクトの数を変える可能性があります。

 

環境と気候変動の大臣であるキャサリン・マッケナ(Catherine McKenna)は、「資源開発に関しては、人々が規則や政府の決断を信頼しないと、より大きなことは達成できない」と述べました。

また同時に、「業界は当初から何が期待されているか、そのプロセスが予測可能で、適時性が有り、証拠に基づいていることを知る必要がある。」とも述べました。

声明の中で、マッケナ大臣の省庁は、「今回の改良されたルールの下では、開発プロジェクトのレビューは、より厳格で効率的であり、しっかりとしていてかつ短縮されたタイムラインで、より明確な要件が最初からあるようになる。」と主張しました。

 

専門家の意見


 

法改正勧告案の共同執筆者である、カナダのカルガリー大学法学部のMartin Olszynski教授は、提案された改革案は「混在した袋」であると表現しています。

彼は今回の法案について、先住民の知識を考慮することが明示されていることを喜びましたが、一方でプロジェクトごとの評価を行うというやり方を続けることには失望しました。

というのも、特定の地域で計画される、複数のプロジェクトの累積的影響をコントロールするには妨害となりえるからであり、「私たちは、地域の評価や戦略的な評価を行うという点では進歩していない。」とのことです。

 

カナダのビクトリア大学法学部のChris Tollefson教授も、既存の政策からの根本的な転換を望んでいました。

既存と似通った手法を軸とした今回の変更を、彼は「何の意味をなさない改装」と表現しました。

具体的には、新しい法案は、レビューの中で使用される「データの透明性と品質」を改善するために、改正要請の際に提案された部分を無視して作られているとのこと。

「科学という言葉はほとんど言及されておらず、科学的情報の同業者によるレビューの規定はない。

科学の質に問題があったということがどういうことか、正確に認識していなかったのではないか。」と発言しています。

 

環境政策と国家戦略の関係性


 

カナダは広大な土地を蓄えており、それらの自然の開発プロセスは、国家の価値を揺さぶる可能性もある重要な内容です。

その点、科学的な根拠の必要性などを強化し、監視の体制を強めるのは長期的な目線に立ったら必須のことのようにも思えます。

専門家達は今回の改正はまだ足りないという意見が出ており、表面的な改善ではなく、根本的な改革が必要ということのようです。

 

カナダは地球温暖化に伴って、北極航路の開発の可能性や、居住区域の拡大などが想定されており、環境開発の行く末は国家戦略的にも非常に重要な意味合いを持っています。

カナダの環境対応方針が今後どうなるか、気になります。

 

Canada’s new environmental review plan gets a lukewarm reception

 

 


ユア号航海記―北極西廻り航路を求めて (中公文庫―BIBLIO)


アメリカ環境史 (上智大学アメリカ・カナダ研究叢書)

LinkedIn にシェア
Pocket

広告

コメントを残す