2017年 デンマークの電力消費の43.6%は風力発電

デンマークの電力消費の43.6%は風力発電


デンマークエナジーエージェンシー(DEA)の発表によると、まだ暫定的な数字ではあるものの、2017年にデンマーク国内で風力発電によって作られた電力は14,700 GWhにのぼり、過去最高を更新したということです。

 

これにより、デンマーク国内の消費電力のうち、43.6%が風力によって発電されたことになりました。

過去の記録は、2015年に記録された42%でしたが、今回はその記録を1.6%上回っています。

デンマーク政府は2020年までに風力発電の割合を50%以上にまで引き上げ、かつ再生可能エネルギー全体としては国内の電力消費の80%以上を賄う予定だということです。

DEAによると、デンマークにおける風力発電の導入量は2001年から2倍になっているにも関わらず、実際の風力発電タービンの数は20%も減らしました。

 

これは、大型かつより効率的なタービンを導入したことなどによるものであるとのことです。

 

 

風力発電の効率化に欠かせない巨大風車


 

風力発電は、コストの面から見ても現時点では再生可能エネルギーの中でもナンバーワンだと言われており、その効率向上のためには風車の大型化などが必要だとされています。

 

大型の風車を製造できる会社、工場は限られており、メーカーであれば例えばシーメンスが有名です。

シーメンスの風力発電用大型風車の製造工場は、ドイツのクックスハーフェン、アメリカのアイオワ、イギリスのヨークシャーなどにあり、クックスハーフェンはデンマークとも地理的に近いですね。

 

Cuxhaven, wind power

クックスハーフェンとデンマーク周辺の地図 Google Map より

 

地理的なことを考えると、デンマークは国の形状から沿岸部が非常に多く、それに伴って海から差し込む風が非常に強い国と言えます。

その国としての性質を理解した上での風力発電の大量投入は非常に合理的です。

再生可能エネルギーだけで国の電力の80%以上を賄おうと考えた場合、発電量の安定性などに不安が残ることでしょう。

 

そうなると、

  1. 再生可能エネルギーから必要分以上に多く発電して常に余らせておく、余った分は隣接する他の欧州諸国に売電する
  2. 電力が足りない、不安定の時は隣接国から購入する
  3. スマートグリッドなどによって電気の流通網を最適化して、足りない・余る という状況になりづらくする
  4. 国内に蓄電設備を整備して、再生可能エネルギーだけで電力を安定化させる

などなど、必要なアクションが色々と考えられます。

 

再生可能エネルギーで世界の一歩先を行く欧州。

その中でも風力発電に関してはデンマークを参考にするのが良いかも知れません。

 

Wind covers 43.6% of Denmark’s 2017 power demand

 

LinkedIn にシェア
Pocket

広告

コメントを残す